データ主導型プランニングと分析

いくつかのソースから収集された豊富なデータを使用して、好機エリアを明らかにします。  交通上課題に取り組むためには推測は禁物であり、高品質のデータに依存しましょう。

分析する

過去の乗客数データを使用して、交通インフラの有効性を分析します

シミュレートする

潜在的なサービスエリアのシナリオをシミュレートして、運行に最適なフレームワークを見つけます

確認する

オンデマンドサービスの利便性を確認し、パラメータを調整して、発売日の前に最高のサービスを創出します

事前実装と計画

計画段階で、満たされていない交通ニーズを明らかにし、固定ルートの取り替え、またはオンデマンドサービスによる交通砂漠でのネットワーク拡大が費用を節約し、乗客により良いサービスを提供できるエリアを検出します。

アーバンモビリティ分析を活用し、サービスエリアに関する戦略的洞察力を向上させ、シミュレーターを使用して分析の仮定をテストし、ユーザーとライダーのニーズに最適な解決策とサービスゾーンを決定します。

シミュレーションを通じて新しいサービスをテストし、供給と需要を一致させる最適なサービスゾーン(コリドー)を確認し、次のSLAを決定します:

  • フリートサイズ
  • 待機時間
  • 車両あたりの乗客
  • 乗車あたりの費用
  • その他…

オンデマンド分析のレベル

当社独自のプランニングプロセスには、初日から期待をしのぐオンデマンドマイクロトランジットソリューションをデザインする3つのレベルの分析が含まれています。Moovit On-Demandの顧客は、需要とモビリティのパターンを追跡することで、利用率を大幅に向上させ、ライダーの満足度を高め、自家用車よりも公共交通手段の利用を促進できます。

ギャップ分析

ネットワークのフル分析をおこない、満たされていないニーズを発見し、ギャップとチャンスのエリアを確認します

コリドー分析

サービスゾーンをより小さくてダイナミックなコリドーに分割して、需要をもとにコリドーをダイナミックに変える機能をもってSLAを改善し、効率を高めます。

シミュレーション

サービスエリアとコリドー、実行時間、フリートサイズ、ライダー制限などを最適化することによる適切なサイズのオペレーション